コンテンツへスキップ

Tech-on運営メンバーの北浦です。
2021年4月19日(月)にオンライン開催となった
Tech-on MeetUp Online#5 のレポートです!

テーマはボイステック!

テレワークの普及が高まったことや、最近だとClubhouseが一定の注目を集めたこともあり、
それに追随する形で音声関連の技術スタックも関心が高まってきたのではないかなというところで、
今回はボイステックをテーマとしてみました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

そして、今回も前回に引き続き、oViceを使った開催にしてみました。
懇親会時の背景切り替えやガイダンスなども工夫させていただいたのですが、
いかがでしたでしょうか。

お気づきの点があれば、是非、Slackにも参加して、フィードバックいただけると嬉しいです!

Google Cloud が提供する AI Platform と音声系ソリューションの紹介 (Google合同会社 佐藤さん)

Google Cloudチームのデベロッパーアドボケイトとして機械学習プロダクトの開発者支援を担当している佐藤さんの登壇です。

Google Cloudとして提供しているAI Platform、音声関連のソリューションや
GoogleがOSSとして公開しているLyraの紹介に始まり、
最後には、なんとご自分でPDF化された本を音声に変換するアプリケーションを作成されたとのことで、
そのアーキテクチャを解説いただきました。

デモをベースとして解説いただいた為、実際に動いている様子やアウトプットを見ることができて、
それぞれのソリューションの動きやユースケースを深く理解することができました。

PDF化された本を音声に変換するアプリケーションは以下でブログとしてまとまっていますので、
気になる方は要チェックです!

ヤマハの音って、どんな音?(ヤマハ株式会社 平野さん、原さん)

ヤマハ株式会社の平野さんと原さんからはヤマハが開発したSyncRoomで利用している技術や、
音声関連の技術として遠隔会議の課題となった音響処理やフラットスピーカーを紹介いただきました。

  • SyncRoomについて
    音の遅延というベクトルで考えた場合、
    演奏者同士の音が30ms(物理的な距離でいうと10m)を超えてしまうと難しくなるそうです。

    で、あれば30ms以内に収めることができればリモート演奏が可能になるよねという発想のもと、
    遅延をなくす為、IPv6の恩恵を利用したり、音データのバッファリングをどれほどにチューニングするかなど、
    音とNWに強みのあるヤマハさんしかできない高度の技術がふんだんに組み込まれたサービスのようでした。

    音楽を楽しめる環境を整えていくという使命があると最後に仰っていましたが、
    まさにプロ魂を感じる内容で、私も強く刺激を受けましたね。

    そんなSyncRoom、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。
  • 遠隔会議の音響処理について
    ヤマハさんのYVCシリーズを会議室に常設している企業さんも少なくないと思うのですが、
    そんなYVCシリーズが、リモート会議を行う上で、不必要な環境音や音の反響という課題をいかにして解決しているのかという紹介でした。

    リモート会議一つ行う上で、こんなに不要な”音”が存在するとは思わず、
    一つ一つに対して解決していく苦悩が脳裏に浮かびました。
  • フラットスピーカーについて
    音のゾーニングを可能としたフラットスピーカーという技術について紹介いただきました。

    必要な人だけに必要な音を届けるということが可能となるもので、
    未来はこの感覚が一般的になるのかなと思うとワクワクするものがありました。

Amazon Lex日本語対応デモ(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 亀田さん)

祝Amazon Lex日本語化対応・・・!ということで亀田さんより解説とデモをいただきました。

マネージメントコンソール上でアプリケーションを作成するデモだったのですが、
インテントの設定から始まり、Lex特有のパラメーターを解説いただきながらだったので、
Lexがどういうものなのかという理解は深まった気がしました。

Lambdaがインテグレーションできるので、思いついたものであれば実現性が高そうなのも魅力的でした。

ところで、Lexの名称はAlexaからAmazonの"a"を取り除いてLexとなったようです。
みなさんご存知でしたか?

さいごに

oViceを使った開催は2回目となりまして、個人的にはoVice特有のインターフェースで
懇親会や参加者同士のコミュニケーションはだいぶとりやすくなったのかなという印象でした。

これからも、Tech-onのテーマでもある「技術者同士を、人と人とのネットワーキングで繋ぐ」という使命を達成すべく、
いろいろと試行錯誤していこうと考えておりますので、これからも応援、次回の参加をお願い致します。

おまけ(記念撮影)

懇親会では背景も変更して、テーブル毎に参加者同士が繋がれるマイク(ミーティングオブジェクト)を置いたり、
登壇者の皆さんにテーブルに分かれてもらったりしました。
リアルなMeetupでの懇親会の雰囲気が感じてもらえていたら嬉しいです。

Tech-on運営メンバーの北浦です。
2020年7月27日(月)にオンライン開催となった
Tech-on MeetUp Online#2 のレポートです!

第2回目のオンライン勉強会!

前回に続き、2回目のオンライン開催となりました!
テーマは「もしエンタープライズのエンジニアがデータ分析をやることになったら」です!

なんと、今回は参加のお申し込みが定員上限の80名からいただくことができました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

そして、今回からは新しい試みとしてZoomのチャット機能を使って参加者同士でワイワイと発言しようという
試みをしてみました!!

感想・共感・質問・歓声(?)など、こちらも皆様、有用にお使いいただいたようでよかった試みなのかなと感じました。
参加いただいた方はアンケートをメールでお送りさせていただいてますので、
よければ色々なご意見お聞かせください!

はじめてのデータ分析プロジェクトとそのプロセス(株式会社 ARISE analytics 堀越さん)

これからデータ分析を始めようという方々向けに、
プロジェクト全体のイメージを持って考慮点を把握できるようにという目的で、
OSSの開発や他のユーザーイベントなどの登壇でもご活躍されている堀越さんの発表です。

ビジネス目標設定・データ収集・モデル構築・システム実装・運用という
それぞれのプロセスの中で考慮しておくべき事項や、
やってしまいがちな失敗例などを細かい粒度で分解して解説いただきました。

私個人の学びとして、
データ収集のプロセスで、仮説を一覧化してアセスメントをしていくという手法は、
分析で得られる効果と今、何ができるのか、がとてもイメージしやすくなるなと感じて、
引き出しに加わりました!

普段、みなさんの従事している内容によっても強く印象に残ることが違ってくるかもしれません。
堀越さんの発表内容は資料として後日掲載予定となります。

ナビタイムジャパンに集まる移動ビッグデータの分析基盤(株式会社ナビタイムジャパン 新立さん)

私も日頃からプライベートでお世話になっているナビタイムジャパン新立さんの発表です。

データ分析ってどんなことができるんだろう?とイメージが漠然としている方も多いと思うのですが、
豊富な活用事例の紹介があって、データ分析熱が高まった方もいたのではないでしょうか。

ユーザーの移動データを活用して地図に新しく道が反映されるという仕組みはZoomの参加者チャットでも、
「そんなこともできるのか!」といった声があって盛り上がっていました。

後半はデータ分析基盤の構成例を紹介いただいたのですが、
サーバーログ収集にKinesis Data Streamsをご活用していたりと、
こちらも参考になることも多かったですね!

初めてのデータ分析基盤をまかされた、その時何を考えておくとよいの(Google合同会社 寳野さん)

BigQueryユーザーでありながらコンサルタントを手掛けている寳野さんの発表です。

「DXに力を入れたくて、データ分析始めたいんだよね。いい感じにしてよ!」という
上司の依頼から始まり、データ基盤の構築から運用までのフェーズで発生する課題をご紹介いただきました!

恐らく、たくさんの顧客課題に向き合ってきたであろう寳野さんの知見がギュッと濃縮されており、
参加者チャットでも「あるある・・・」といった声も多く、その解決案がバシっと提示されているのは、
みなさまにとっても学びが多かったのではないでしょうか。

私個人もデータ基盤を考慮する時に、イテレーションを考えるところまでは至っていなかったので、
今後の参考にさせてもらおうかと思いました!

さいごに

ご参加いただいた皆様、本レポートをみていただいた皆様ありがとうございました。

ここでご案内ですが、過去にTech-on勉強会に参加いただいた方は、
SlackChannelに参加いただくことが可能なのですが、ご存知でしたでしょうか!?

是非、こちらの参加もご検討ください!