コンテンツへスキップ

レポートを書くのも3回目になりだんだんこなれてきた野島です。
今回もTech-onの模様についてレポートしていきます。
今回はとうとうTech-on1周年となる記念すべき回となりテーマはDevOps、
登壇者のみなさんにDevとOpsのかかわりについて興味深い発表をしてもらいました。
さらにはTech-on初のLTもあり、クローシングでは様々な驚くべき発表もありました!

Ops meets NoOps ~そのとき何が起こったか~

最初の発表は日本マイクロソフト株式会社の真壁さんの発表です。
2018年に生まれた「NoOps」という衝撃的な概念、その反応や現状の整理を通じ、Opsはいま何を感じ、悩み、挑戦しているのかをOpsの目線でお話ししていただきました。

NoOpsの現状

  • エンジンスタートした組織は数多い
  • ギアを1速、2速、3速へ入れたチームは眩しい
  • でも、ギアが入らない組織のほうが多い

もがく三景

  • 試行錯誤しにくい
  • 言い出しっぺがつらい
  • 旗だけたっちゃう問題

考えてほしいこと

  • やめよう と胸を張って言える組織ですか?
  • 「退役」:新しいことを始めるのではなく、断捨離から
  • 今やっていることを続けながら新しいことができますか?何をするにも時間が必要
    • システムは放っておくと腐る
    • やめる判断は、偉い人の大事な仕事
    • 現場で声を上げる

NoOpsの始まりは「捨てること、やめること」から

  • 作るのは誰にでもできる
  • NoOpsの実践はやめることを始める
  • 時間が作れたら、どうやって軌道に乗せるか

いきなりドリームチームは作れない

  • 少なくとも、意欲のあるメンバーから始める
  • 恣意的でも、小さくても、まず手を動かして実績を作るa

どこから着手するか決めきれないなら

  • Cloud Native Trial Map
  • 順番にやらなくていい、可観測性と監視、分析のところからNoOpsを始めてみるといい

共有指標があってこそのチームワーク

  • NoOpsのためにはObserbilityが重要

まとめ

  • NoOpsは技術やアーキテクチャだけじゃない
  • 前向きにやめようが言えるチームを作る

登壇資料

チーム開発におけるDevとOpsのプラクティス

2番目の発表はKDDI株式会社の廣田さんです。
KDDIでは運用と開発の組織が分かれており、
そのような環境の中で1つのサービスの成功というゴールに向かうために行ってきたプラクティスを紹介いします。

チーム開発と運用の課題

  • 開発・運用でゴールが違う
    • 開発:サービスを開発/機能追加していく
    • 運用:サービスを安定稼働させる
      • →運用メンバーを開発チームに入れる
  • 開発・運用でシステムの考え方にギャップがある
    • 開発:システム構成要素を家畜扱い
      • ダメになったら新しいものを追加して対応
    • 運用:システム構成要素をペット扱い
      • ダメになったものをどうにかして直す
  • 監視設定がわかりにくい
    • zabbixとかを使うと設定した人しか内容がわからなくなる
    • コード化して誰でもわかるようにする
  • システムは変化するものであり、その都度運用を見直す必要がある
    • 機能や連携先が増減すればシステムの構成要素も変化
    • ユーザアクセス傾向も時期により変化

継続的障害訓練のすすめ

  • 運用と開発合同で障害訓練を定期的にやる
  • 商用環境は流石に無理なので検証環境で実施
  • 障害はシステム全域に出したい
  • GUIツールを使って障害を起こす
  • 障害発生にはGremlinを利用
  • 訓練内容
    • 開発運用合同で実施
    • 何の障害を起こすかは事前に言わない
    • 実際に商用環境で障害が起きたとして対応を行う
    • 訓練後様々な声が
      • 手順書がやくにたたなかった
      • システムのことについて何もわからなかった
      • ...etc

登壇資料

LT

今回はTech-on史上初のLTも行われました!
5人の方々にDevOpsをテーマとして5分間物申してもらいました!

平瀬 達也(たっち)さん@JX通信社

LT一人目はJX通信社の平瀬 達也さん!
SREチームを社内で初めて作ったことについてお話いただきました!

金城 秀樹さん@コネヒト

二人目の発表者はコネヒトの金城 秀樹さん!
10人程度のチームでSlackを使いこなしたインシデント対応についてお話いただきました!

中村 憲一郎さん@日本マイクロソフト

三番手は日本マイクロソフトの中村 憲一郎さん!
DevOpsが達成された前提で、次はOpsはどこと仲良くなればいいのかお話いただきました!

小西 宏樹さん@CyberAgent

4番目の発表はCyberAgentの小西 宏樹さんです!
マイクロサービス化されたWebサービスの上手な運用に四苦八苦するお話をしていただきました!

鶴見 純一さん@ZOZOテクノロジーズ

最後のトリとなる発表はZOZOテクノロジーズの鶴見 純一さんです!
モノリシックシステムからマイクロサービス並行する中で、5人チームでどう運用を回していくかお話していただきました!

目指せトレンド入り

今回1周年記念イベントとしてTwitterトレンド入りを狙いました!
イベント中ツイート数は順調に伸びていき、最高トレンド11位を記録しました!
惜しくも10位いないには入れなかったものの大健闘です!

まとめ/次回予告

クロージングセッションについては、須田からレポートします。

1周年のあゆみ

今回でTech-on 1周年ということで、前半にコミュニティマネージャーの大橋より1年間のあゆみを振り返りました。
計6回で600人超の参加者(今回の#07で更に100名超えたので、700名超になりました!)にお越しいただきました。今回でTech-on 1周年ということで、前半にコミュニティマネージャーの大橋より1年間のあゆみを振り返りました。
参加いただいた皆さんありがとうございます。

大橋からはコミュニティマネージャーを私にすることも報告しました。
#03頃からコミュニティリーダーとして、開催の取りまとめはしていたのですが、マネージャーとしても更に活動の関心軸、効果を見ながら動いていきたいと思っています。

1周年記念の4つのサプライズ!

1周年に目がけて4つのサプライズを準備したので発表しました!(いやー、なんとか間に合いました。。。)
ポータルサイトにそれぞれ詳しく案内がありますので、のぞいてみてください。Tech-onに参加したことある方は、まずはslackにjoin!

  1. 新ロゴ発表!
  2. Tech-onポータルサイトオープン!
  3. Slack開設!(参加したことある方向け)
  4. 運営メンバー募集!

ネットワーキングタイム

数々の発表があり興奮冷めやらぬ中、ネットワーキングタイムが行われました。
参加者、登壇者、スタッフが分け隔てなく会話し議論や情報交換を深めていました!

登壇者の方々の記念撮影もしました!

最後には参加者全員で記念撮影をしました!

次回のTech-on第8回のテーマはロボティクスです!お楽しみに!

イベント当日のスライド

【スライド1】Tech-onとは?Tech-on事務局
【スライド2】#1: 「明日から始めるちょい足し λ」中丸 良さん
【スライド3】#2: 「ローカル環境で気軽に始めるサーバーレス」平瀬 達也さん
【スライド4】#3: 「KDDIとCICDの歩み 」廣田 翼さん
【スライド5】#4: 「StepFunctionsを一撃でデプロイする」若松 剛志さん
【スライド6】クロージング/次回予告Tech-on事務局


【スライド1】Tech-onとは?


Tech-on事務局

【スライド2】#1: 「明日から始めるちょい足し λ」


中丸 良さん

【スライド3】#2: 「ローカル環境で気軽に始めるサーバーレス」


平瀬 達也さん

【スライド4】#3: 「KDDIとCICDの歩み 」


廣田 翼さん

【スライド5】#4: 「StepFunctionsを一撃でデプロイする」


若松 剛志さん

【スライド6】クロージング/次回予告


Tech-on事務局

イベント会場の様子

TECH PLAY 渋谷 会場入口


スタッフによる会場ご案内。彼女を見てビルに入られた方も多いのでは?


現地入り口右側にあったカレンダー。7/9にTech-on MeetUp#01 が記載されてます。


スタッフによるステッカー置き場。力作です!


今回の司会を担当頂いた佐々木 貴美さん


Tech-on事務局の大橋 衛よりTech-onの概要について


登壇者1人目 中丸 良さん


登壇者2人目 平瀬 達也さん


登壇者3人目 廣田 翼さん


登壇者4人目 若松 剛志さん


当日は89名もの皆様にご参加いただきました!




イベント参加者のブログ記事



イベント主催者からのコメント

第1回の開催にもかかわらず何と89名もの皆様にご参加頂きました。本当に有難うございます。スタッフ一同、感激しております。

初回ということもあり会場運営等で至らない点も多数あったと思いますが、皆様からご指摘頂いた内容はスタッフ全員で真摯に受け止めまして、随時改善して参りたいと思います。

次回のテーマは「コンテナ」となりますので、ぜひご参加ください。