コンテンツへスキップ

Tech-on運営メンバーの増田です。
2020年10月5日(月)にオンライン開催となった
Tech-on MeetUp Online#3 のレポートです!

気づけば3回目となった今回のオンライン勉強会!

3回目の開催となりましたTech-onのオンライン開催。
テーマは「マルチクラウドで解決するものしないもの」です!

今回もご盛況をいただき、枠を増やしたりもしながら60名以上のかたにご参加いただくことができました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

今回ガヤ枠という顔出しのひな壇(?)の方を募集させていただき、会の途中でガヤタイムを儲けるという新たな試みを実施させていただきました。

個人的には盛り上がりましたし、衝撃の事実(?)が明らかになるなど普通の勉強会ではわからない一面も知ることができ面白かったのではと思っております。
参加いただいた方はアンケートをメールでお送りさせていただいてますので、
よければ色々なご意見お聞かせください!

Googleが目指すマルチクラウドの姿 (Google 長谷部さん)

マルチクラウドの現状や導入の目的、現実と、そこからつながるGoogle Anthosの活用事例をお話いただきました。

「マルチクラウド」という言葉は最近よく聞くようになってきましたが、かといってむやみに導入すべきではない、必要であってはじめて利用すべきということを改めて認識させられる内容でした。

AWSのこの機能とGCPのこの機能を利用したい!というのはよくあるニーズかと思います。一方で同時に利用するとなると他機能との整合性や保守などが難しく全体的に見るとむしろ制限が多くなってしまうというのは避けたいものです。

私はAnthosを利用したことがないので詳細を書くことはできませんが、このような課題を少しでも解決できるのであればぜひ試してみたいと思います。

ZOZOTOWNのクラウド活用戦略(株式会社ZOZOテクノロジーズ 川崎さん)

続きましてはZOZOTOWNを支えていらっしゃるZOZOテクノロジーズ川崎さんの登壇です。ZOZOTOWNではパーソナライズ検索のAPI基盤およびデータベースとしてマルチクラウドを利用しているとのことでした。

こちらのプレゼンでもgoogle 長谷部さんと同じく、マルチクラウドの難しさ、大変さについてもお話いただけました。マルチクラウド=複数のクラウド環境を利用する というのはわかりやすいですが実運用をしていくのはいくつものハードルがあるようです。

個人的にマルチクラウドの場合「エッジの効いたクラウドサービスをとれず、最大公約数をとることになってしまう」というのが印象的な言葉です。

LT マルチクラウドの悩み KDDI 松本 さん

KDDIでCCoEをやられている松本さんのLTです。

自社クラウドも含めて様々なクラウドを使い分けられている事例でした。
一方でやはり人材やノウハウといったものの不足は避けられない問題ではあるということで、今後社内で支援、ノウハウ公開などを実施していくとのことでした。

LT マルチクラウドってそもそも何?いるの?いらないの? NEC 釜山 さん

最後はNEC釜山さんのLTです。
タイトルからすごく興味がそそられます。

最後のスライドで「いる!」に少し安心しました。いらないとなったらこの会は・・・笑 
マルチクラウドの全体像を改めて認識させられるような内容でした。

さいごに

ご参加いただいた皆様、本レポートをみていただいた皆様ありがとうございました。オンラインも気づけば3回目となり、オフラインがだんだん恋しくなってきていますが、Tech-onでは引き続き、状況にあった開催形態でイベントを続けていきたいと思っております。オンライン4回目も企画中ですのでお待ちいただけたらと思います!

また、ご案内ですが、過去にTech-on勉強会に参加いただいた方は、
SlackChannelに参加いただくことが可能なのですが、ご存知でしたでしょうか!?

是非、こちらの参加もご検討ください!

こんにちは!Tech-on管理者の増田です。

去る2020月1月14日(火)に開かれたTech-on MeetUp#10「NW-JAWS × Tech-on 勉強会#1」にて、参加者の皆様にご回答頂いたアンケートの集計結果を公開いたします。

アンケートの回答率ですが、なかなか高い回答率となりました!
今回アンケート記載の時間をきちんととることができなかったため回答率が低くなるかなと思っていたのですが、みなさまご協力ありがとうございました!

イベント全体の満足度ですが、多くの方々から「良かった」または「期待以上に良かった」をいただけました。
特に、「期待以上によかった」の割合が高めとなっておりまして、本イベントに満足いただけたなら何よりです。

今後の技術テーマのリクエストについてですが、AWSのイベントということでAWSのニッチなサービス名など細かい記載される方もいらっしゃるかなとちょっと変な期待もしておりましたが、そんなこと考えるのは私だけだったようです笑
やはりクラウド系へのリクエストが多い印象でした。

セッションの評価についても前回に引き続きとてもよい評価をいただけました。
とくにKDDI大橋さんのサービス説明の発表は参考になったという方が多かったようです。
当方がLTした24PBの移行についてもコメントくださった方いらっしゃいまして、本当にありがとうございます!このレポートを書いている本日も弊チームはsnowball入れ替え作業をしております笑

イベント全体に対するコメントは圧倒的にフード/ドリンクへのコメントが多かったです。 あのフードはすごかったですよね。私も当日までどういったものが来るか知らなかったので思わず写真をとってinstagramに上げてしました笑
そういえばinstagramにほぼtech-onハッシュタグの写真は上がっていないようでしたので今後は個人的にinstagramタグ付け投稿していこうかなと企てています(映えるものがあれば)

イベントに来場された回数についてです。
NW-JAWSに過去参加されたことあるかたが多いようでtech-onとしては初回という方がかなり多かったです。
10回目の方は連続参加記録をどこまで伸ばしていただけるのでしょうか・・・笑

以上が今回のアンケート集計結果となります。ご参加及びご回答本当にありがとうございます。今後とも皆さまが「また参加したい」と思えるようなイベントを作っていければと思っておりますので引き続きよろしくお願いいたします。

こんにちは!Tech-on管理者の増田です。

去る2019月11月11日(月)に開かれたTech-on MeetUp#09「エンタープライズ・ブロックチェーン」にて、参加者の皆様にご回答頂いたアンケートの集計結果を公開いたします。

アンケートの回答率ですが、今回も大変高い回答率となりました!
webアンケートの方が集計が楽だったりはするのですが、これだけ高い回答率ですしもうしばらくは紙でのアンケートを続けようかなと思っております。
当コミュニティをもっと盛り上げるためにもどんどんご意見等いただけたらと思います!

イベント全体の満足度ですが、多くの方々から「良かった」または「期待以上に良かった」をいただけました。
「やや期待はずれ」とご回答いただいた方々のご意見は「もっと深く知りたかった」でしたので内容の深さなど今後の参考にさせていただけたらと思います。

今後の技術テーマのリクエストについてですが、分野問わず最新技術が多く挙げられておりました。ブロックチェーンをもっと細かくというリクエストも多かったです。この項目は毎回とっておりますがAI/XR/IoTあたりの項目は常に上がっておりまして、やはりこれらの技術への注目度は高いということがよくわかります。
AI,XRにつきましては過去Tech-onでも取り扱っておりますのでぜひその時の資料、レポートなどご覧になっていただけたらと思います。

セッションの評価についても前回に引き続きとてもよい評価をいただけました。
今回は比較的事例紹介が多く、それがわかりやすかったという意見が多かったです。やはりブロックチェーンを今後どういうものにつかっていくかというのは一つ大きな課題なのだと感じました。

イベント全体に対するコメントとしてもほとんどネガティブなコメントはありませんでした。
司会へのお褒めの言葉もありがとうございます。
そういえばTech-onの司会が毎度登壇者の方に不思議な振りをするという伝統を作った初代司会者は今南極にいるそうです。そのうちTech-on南極コラボとかできれば面白そうですね。

イベントに来場された回数についてです。
前回同様テーマの方向性がだいぶ変わっているので初回の方がほとんどでした。
皆勤賞の方は毎回本当にありがとうございます。
次回はNW-JAWSとのコラボ回となっており、これまたガラッとテーマが変わりますがぜひともご参加いただけたらと思います!

以上が今回のアンケート集計結果となります。ご参加及びご回答本当にありがとうございます。今後とも皆さまが「また参加したい」と思えるようなイベントを作っていければと思っておりますので引き続きよろしくお願いいたします。

こんにちは!Tech-on管理者の増田です。

去る2019月9月9日(月)に開かれたTech-on MeetUp#08「ロボティクス〜人と生活を支えるTech〜」にて、参加者の皆様にご回答頂いたアンケートの集計結果を公開いたします。

アンケートの回答率ですが、今回も大変高い回答率となりました!
当コミュニティをもっと盛り上げるためにもどんどんご意見等いただけたらと思います!

イベント全体の満足度ですが、多くの方々から「良かった」または「期待以上に良かった」をいただけました。
ロボティクスというテーマはTech-onが今まで扱ってきたテーマとは少し経路が違うものであったためみなさまに満足していただけるか不安がありましたが、想像以上に良いアンケート回答をいただけたので運営としても大変励みになります!

今後の技術テーマのリクエストについてですが、ロボティクスがテーマであったためかデバイス系のテーマが多く挙げられていた印象です。コンテナやサーバレスなどアプリケーション関連の時と比べるとだいぶ違った回答をいただいており、改めてこのコミュニティのテーマ選定の広さを実感しております。

セッションの評価についてもとてもよい評価をいただけました。
とても面白いプレゼンで、当日タイムキーパーをしていた私も時間を忘れて聞き入ってしまいました! 仕事しろ、自分。

イベント全体に対するコメントとしてもほとんどネガティブなコメントはありませんでした。会場については今回初めてヒカ☆ラボさんを使わせていただきましたが非常に綺麗でガラス張りで、外の景色も良く、こういうところで働きたいなと思う会場でした。最近高層ビルがたくさん立ってますしいいですよね、渋谷のあのあたり。

イベントに来場された回数についてです。
今までと経路が違ったテーマのせいか、初回の方の割合がいつもより多いイメージです。前回7回全参加の方がいらっしゃることに驚いていたのですが、その方は今回もご参加いただけたようです!
今回初めての方につきましてはぜひ次回もお越しいただけたらと思います!
本コミュニティはテーマを毎回変えているため、毎回違う方とコミュニケーションすることができるので様々な分野の知り合いができるかもしれません!

以上が今回のアンケート集計結果となります。ご参加及びご回答本当にありがとうございます。今後とも皆さまが「また参加したい」と思えるようなイベントを作っていければと思っておりますので引き続きよろしくお願いいたします。

こんにちは!Tech-on管理者の増田です。

去る2019月7月8日(月)に開かれた「Tech-on MeetUp#07 OpsとDevの蜜月な関係」にて、参加者の皆様にご回答頂いたアンケートの集計結果を公開いたします。

¥

アンケートの回答率ですが、今回も大変高い回答率となりました。本当にありがとうございます!
皆様のご意見を取り入れながらこのコミュニティをより発展させていけたらと思いますので引き続きご協力のほどお願いいたします。

イベント全体の満足度ですが、全ての回答で「良かった」または「期待以上に良かった」をいただけました。
ここ数回「AI」「Fintech」などの新技術にフォーカスを当てていたため運営陣も今回のテーマ選定の際は少し悩みましたが
コメントを見ても「取り入れられそう」といったものが多く、持って帰っていただけるものがあったのであれば幸いです。

今後の技術テーマのリクエストについてですが、今回のテーマとの兼ね合いもあってかSREや監視といった運用の
テーマを挙げられる方が多くいらっしゃいました。
次回は「ロボティクス」となりますが、次々回以降のテーマ選定に参考にさせていただければと思います。

セッションの評価についてもとてもよい評価をいただけました。
とくにNoOpsについてポジティブなコメントを多くいただきました。社内に広げたいという方もいらっしゃり大変光栄です。

また、Tech-onとしては今回初の取り組みとなったLT大会ですが、こちらも概ねよい評価をいただけました。
もっと深く聞きたかったというコメントもいただきましたがこのLTを導入として情報を広げていっていただけたらと思います。

イベント全体に対するコメントとしてもほとんどネガティブなコメントはありませんでした。会場については他にも色々なイベントが行われておりますし、Tech-onとしてもかなりの回数利用させていただいておりますので
運営も慣れてきたところです。
次回#8は別会場となりますが、こちらも大変よい会場ですのでぜひご来場いただけたらと思います。
また、司会については引き続き暖かい目で応援いただけたらと思います。ちなみに私は未婚なので新婚旅行羨ましいです。

イベントに来場された回数についてです。
実はこの質問過去のイベントでは取っていなかったため運営としても改めて複数回ご来場いただいている方の多さに驚いています。本当にありがとうございます。 7回すべてに参加された方もいらっしゃるとのことで、引き続き今後ともよろしくお願いいたします。

以上が今回のアンケート集計結果となります。ご参加及びご回答本当にありがとうございます。今後とも皆さまが「また参加したい」と思えるようなイベントを作っていければと思っておりますので引き続きよろしくお願いいたします。